外注化

【無料マニュアル配布中】ブログの外注化を行う適切なタイミング!

ブログに外注を取り入れてみたいのですがどのくらいのタイミングだと良いですか?

最近多くの人からこのような相談を受けます。

外注化を取り入れることで、自分の時間を増やしたいという考えと安定的に記事数を増やしたいというのが狙いだと思いますが、

外注を取り組むタイミングってかなり重要になってきます。

なので、今回はブログ別に外注化に取り組むタイミングと取り組むにあたって何を準備すべきかをお答えしていきたいと思います。

ブログの外注化とは?

そもそもブログの外注化とは何かを説明しておきます。

ブログの外注化=自分以外の人にブログ執筆をお願いする

ということです。

最近だと、副業・在宅勤務といった風潮が一般的になりつつあるので、

前よりも「ブログで副業したい」という人が増えているように思えます。

また、ブログの外注化をすることによって得られるメリットは

  • 自分の時間を増やすことができる
  • 自分+外注さんで作業量が大きくなる
  • 自分よりも(そのジャンルに)詳しい人に記事をお願いすることができる

といったことがあります。

Miya
Miya
特に、会社員の僕は外注さんを雇って本当に良かったと思っています!

ブログの外注化を適切に行うタイミング

では外注化はどのタイミングで取り組んでいくべきなのか

僕なりの見解を述べていきます。

  1. ブログの基礎が固まっている
  2. ブログの指導ができる

この2つに該当するとすぐにでも外注化に取り組んだ方がいいです。

ではその2つについてもっと詳しく解説していきます。

ブログの基礎が固まっている

ここでいうブログの基礎は以下の通りです。

  • 検索意図の理解
  • キーワード選定
  • タイトル付け

この3つの全てができていないと外注化に取り組むのはまだ早いと思っていてください。

 

特に「検索意図の理解」をせずに

ただただ、キーワードを拾って、そのキーワードをかき集めたタイトルを作る人がいますがそれを外注さんに投げてしまうと9割以上で失敗します。。

一つの基準として、

雑記ブログで1日平均3000PVは安定して集められる

その基準を持ってブログの外注化に取り組んでいきましょう。

ブログの指導ができる

自分自身はブログのスキルは身に付けていても、それを適切にアウトプットできなければ外注さんを雇うことができません。

自分自身がブログで稼ぐことができても、それをきちんと教えることができなければ外注さんもどのように記事を書けば良いかわからず、自分が求めているレベル以下の記事が出来上がってきます。

 

そうなることによって、ただただ外注にお金が流れるということになりかねませんので注意していきたいですね。

「ブログの指導ができる」といってもかなり抽象的なので、

ブログの基礎マニュアル・教科書が作れるか

を基準に判断してもいいでしょう。

ブログの外注化で準備すべきチェック項目

ブログの外注化を取り組むにしても“準備が8割”といっても過言ではありません。

では何を準備すれば良いか?

それは以下の2点です。

  1. どのジャンルを外注さんにお願いするか
  2. 記事作成のテンプレートを用意しているか

どのジャンルを外注さんにお願いするか

特化ブログであれば、ジャンルが統一されているのでここは重要ではないのですが、

トレンド雑記ブログは色々なジャンルを扱うためどのジャンルを外注さんに任せるのか決めといた方がいいです。

 

でもどのジャンルを外注さんに任せた方がいいですか?

そんな質問もよくありますので、僕なりに外注化しやすいジャンルとその基準を教えると、

  • 横展開しやすいジャンルかどうか
  • 検索需要が安定しているorこれから需要が伸びる見込みがある

この2つをみていきましょう。

 

まず1つ目の横展開しやすいジャンルというのは、

「一部のキーワードをのみを変えるだけで記事が書けるジャンル」

ということ。

  • 「YouTuber」 年収 → 存在するYouTuberの分だけ記事が書ける
  • 「ブランド名」福袋 →「ブランド名」の分だけ記事が書ける
  • 「アナウンサー名」経歴 → アナウンサーの分だけ記事が書ける

といった感じですね。

そして、もう一つの「検索需要の安定orこれから伸びると見込める」というのは、

例えば、

「ブランド名」福袋 だと、1月に検索需要が見込めますし、

「YouTuber」 年収 でも検索需要が安定していることがわかります。

逆に

「俳優名 恋人 馴れ初め」は一瞬の検索需要かつ記事作成までにスピードが求められるため、外注には向いていないジャンルとなります

記事作成のテンプレートを用意する

外注さんに任せるジャンルを決めたら、今度は記事作成用のテンプレートを準備する必要があります。

よくある失敗として、ジャンルもキーワード選定も決めたにも関わらず曖昧な指示を出す人がいます。

  • 記事のタイトルだけ言って「その内容に書いてくれ」と頼むだけの指示
  • 記事構成など全て丸投げにする指示
  • とにかく好きに記事を書かせる指示

これだと、100%自分が求めている記事が上がってきませんし、外注さんによって納品される記事のレベルがバラバラになります。

記事作成のテンプレートを作る目的は2つ

  • 誰が書いても一定のレベルの記事が納品されるため
  • 自分が求めているレベルの記事を納品させるため

僕はこのテンプレート作りに一番時間をかけていきます。

じゃないと余計なやり取りに時間を取られて、外注を雇って自分の時間を増やしたいのに、逆に忙しくなっている

ということにもなりかねません。

実際に自分がどんなテンプレートを作成しているのかこの記事の最後で紹介していきます。

まとめ・無料マニュアル配布中

今回は外注に取り組むタイミングについて話していきました。

もう一度まとめますと、

  1. ブログの基礎が固まっている
  2. ブログの指導ができる

この2つを基準に持って外注に取り組むべきかどうか判断してみてください。

数値で言えば、雑記トレンドブログで1日3000PVを安定的に集める能力とみて問題ないです。

 

そして最後に、

現在無料で外注マニュアルを配布しております。

数量限定・期間限定で配布しておりますので以下のURLから受け取ってみてください。

配布予定数に達したらストップしますので、ご注意くださいね。

>>外注マニュアルを受け取る

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。