「会社員×個人」で稼ぐ働き方配信中
期間限定!メルマガ登録するだけで、無料レポートプレゼント
マインドセット

時間がないという人必見!言い訳にしか聞こえないからやめろ!

あなたは何か仕事の依頼やご飯のお誘いがあった時

「時間がないから厳しい」「忙しいから無理」

と言った経験ありませんか?

もちろん、このご時世時間が有り余っているという人の方が少ないように思えます。

しかし、それを言われた側にとっては

「この人なんだか残念な人だなぁ」

なんて思ってしまうこともあります。

何が残念かは今からお話しますが、結論を先に述べれば

「自分自身のだらしなさをアピールしているということになります」

「時間がない」のは言い訳!?

そもそも「時間がない」ということは絶対にありません。

なぜなら人は皆平等に1日24時間という時間を与えられているから。

なぜ「時間がない」と言ってしまうのか?

やる気がないことを時間のせいにしている

実際、やる気がないことが原因なのに「時間がない」と勘違いしているケースがよくあります。

また、仕事の依頼や飲み会の誘いを受けた時に

「やる気がないと言えないから時間のせいにしよう」

という背景ももちろんあると思います。

ここで私が思うのは、やりたいことにはその言い訳を使ってもいいが、やるべきことには使ってはいけない

例えば、

  • 飲み会に行きたくない→「時間がない」はOK
  • 家事をしたくない→「時間がない」はNG

つまり、やるべきことに対して「やる気がないから時間を言い訳にしよう」という考え方はかなりまずいです。

でも飲み会に行きたくないから「時間がない」と断ることも受け手側にとっては気分が悪くなるのでいうのはやめた方がいいでしょう(理由は後述します)。

予定や目標に対する優先順位のつけ方がおかしい

やる気の次に「時間がない」と言い訳する原因に優先順位のつけ方がおかしいパターンもあります。

私たちが生活する上で時間をかけるものとして挙げられるのは

  1. 睡眠
  2. 食事
  3. 家事
  4. 仕事
  5. 趣味

などなど。

例えば、「明日は失敗できない仕事がある」というのに飲み会に行ったり、遅くまで趣味に没頭するのはおかしな話。

だったら睡眠をしっかり確保したり、きちんと食事をとったりするのが優先順位として高いですよね。

「時間がない」「忙しい」という完全なる思い込み

S

私自身もそうでしたが、「時間がない」と言っていた意外な理由が自分の完全なる思い込み

「自分は忙しいんだ」「自分は他人より充実しているんだ」

という思い込みが、「時間がない」という言い訳に繋がっているケースがあります。

だって単純に

忙しい自分ってかっこよくないですか?

他人と比べて充実している自分ってかっこよくないですか?

でもそういう思い込みって、やる気のなさや優先順位のつけ方が悪いというマイナスなイメージでしかないので知らずに色々なチャンスを逃しているのだと気づきました。

「時間がない」と言うことで損している

繰り返しになりますが人は皆平等に1日24時間という時間を与えられています。

色々な要因があること中で「時間がない」と言い訳するのは自分にとっても言われた側にとってもマイナスでしかありません。

言いたい気持ちはわかります。だって単純で説明しやすいから。

でも、言われた側の気持ちも一緒に考えてみると「時間がない」って相当悪いイメージを持ってしまいます。

例を挙げていきますと、飲み会に誘われた時に

「時間がありません」と断ってしまうと、言われた側はどんなことを思うでしょうか?

「自分と飲むほどの時間はないってことね」

「自分はあいつの中で優先順位が低いってことね」

結局のところ、人って何かとネガティブ思考を持っている生き物なのでこのように思われる可能性も高いでしょう。

「時間がない」と言うのは簡単かもしれませんが、きちんとなぜ時間がないのかを説明してあげた方が相手の立場なども傷つけないでしょう。

本当に忙しい人ほど「時間がない」と言わない事実

結構面白いことなのですが、本当に忙しい人ほど「時間がない」と言い訳しないことが事実です。

なぜそんなことが言えるのか?

忙しい中なかでどの部分を削って時間を抽出できるか考えているから

つまり、「優先順位のつけ方や時間管理が抜群に上手い人です」

これは今やるべきことではない、これは自分がやらなくても良いと行った「捨てる勇気」も持っているかもしれません。

耳が痛くなるかもしれませんが、「時間がない」と言っている人ほど実は時間があって、

「時間管理ができていなく、優先順位のつけ方がおかしい」

とは言っても本当に時間がない人もいる

「時間がないと言うのはただのだらしなさだ!!」

と精神論で主張する人もいます。

それはそれで残酷な話。

本当に時間がない人だっていることを理解するべきでしょう。

育児をしている主婦で言えば、

朝起きて、ご飯を作り、育児して、掃除・洗濯して・・・

としていたら1日が終わってしまうと言うこともあり、自分の趣味に時間がかけられないと言う主婦もいるでしょう。

自分の優先順位が「子供のため、旦那のため、家族のため」であればこの生活をしていても「時間がない」と感じることは少ないかもしれません。

しかし、趣味の時間をもっと欲しいと思う主婦にとって

「時間がないというのは言い訳だ!」と言われるとカチンと来るかもしれません。

 

ここまで「時間がないと言い訳するな」主張していながら、矛盾した話になるのですが

「そう言った精神論だけで主張しても気にしない方がいいです」

それは、単純に「イライラしていることに時間が取られているから」

だったら自分の時間や優先順位を今一度見直して隙間時間で何かできないか考えた方がいいでしょう!

まとめ

Time is money(時は金なり)という言葉にあるように、時間というものは無限ではありません。

「時間がない」という言い訳するのも良いですが、その言い訳している時間が勿体無いですし、あなたと同じ状況下でありながらやることはやっているという人は必ずこの世界にいます。

この文章を読んだあなたがこれから「時間がない」と言い訳するのではなく「限られた時間内でどうやってやろう」という前向きな思考になれれば幸いです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。